検索ボックス
2020年11月13日

七つの大罪と四終!【作者のボスとは?】暴食、憤怒、傲慢、怠惰の罪など

gensouteki illustrator 71.jpg

下絵


damashie illustrator 77.jpg

【最新 錯視アート配信中】

サイブログ


ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

「七つの大罪と四終」という作品があることを、知っているでしょうか。


読み方だけでいうならむしろ英語よりも日本語の読み方のほうが謎だったので、調べた覚えがあります。それはそれで外国語も面白いです。


あるあるの
「だいざい」か「たいざい」か?、「ししゅう」か「よんしゅう」か?のあたりです。同じ人がいると、うれしいです。


ポイントだけ突き詰めていくなら
七つの大罪自体は、ブログで書けるものだと

・憤怒
・強欲
・傲慢
・大食
・怠惰
・嫉妬

などのあたりでしょうか。

強欲を貪欲、大食を暴食にしたり、このあたりはそれぞれです。円上に配置されてます。


見る順番もそうですが、見方といえば、
4つの隅に、「最後の審判」「天国」「地獄」などが配置されている、興味深い構図です。


神様は見ている、中央の円に引き寄せられます。


ボスってだれ?七つの大罪と四終の作者は?

まとめていくと、
「七つの大罪と四終」を制作した人は、ヒエロニムス・ボスです。


「絵が上手い人、画力が高い人は生まれつき?遺伝?」のところでは触らなかったかもしれないですが、ヒエロニムス・ボスのところも画家一族です。父親も画家、祖父も画家、おじさんも画家というイメージで、ハマります。


これです。
遺伝?絵が上手い人は生まれつき?【子供時代から画力の高い画家たち】


資料のあまりないところなど、ミステリアス感に拍車がかかるので、そこも熱いです。


ポイントだけ一気に触ります。

代表作だと、
・快楽の園
・聖アントニウスの誘惑
・干草の車
・放蕩息子
・七つの大罪と四終
・東方三博士の礼拝
・最後の審判

など他にもありますが、この中でもとりわけ有名な作品は「快楽の園」と予想していている人も多いでしょうか。


なんとなく、「七つの大罪」をつなげる人も多くなったのかなと感じて、ドキドキします。


怪物?化け物?不思議な動物や生き物の絵をを描く人


世界的に有名な画家ヒエロニムス・ボス作品の印象は、
奇想天外で不思議な世界、ユニークで、奇想天外なキャラクター、世界観が独特です。怪物や化け物系の絵、動物、生き物の絵など広いです。ミニキャラ感のあるものも、面白いです。シュルレアリスムの世界観が好きな人のなかには、ファンという人もいるでしょうか。


出ている本やDVDのタイトルだけでも、イメージがつかめるかもしれないです。


・ヒエロニムス・ボスの世界-大まじめな風景のおかしな楽園へようこそ-
・ヒエロニムス・ボス: 奇想と驚異の図像学(著 神原正明)
・謎解き ヒエロニムス・ボス(著 小池寿子)
・謎の天才画家 ヒエロニムス・ボス
・図説 ヒエロニムス・ボス: 世紀末の奇想の画家(著 岡部紘三)

テンションが上がるでしょうか。


昔の「元祖怖い絵」の話題もありつつ、「奇想の画家」つながりで、
世界的に有名な騙し絵の画家アルチンボルドや、同じく寄せ絵や上下絵でおなじみ奇想の天才絵師・歌川国芳などもいるので、興奮します。


好きな奇想のアーティスト、いるでしょうか。


細かく深めに突き詰めてくと、
油絵を描く人ならわかると思いますが、技術・テクニックも独特です(厚塗り)。世界的に人気の天才画家、名画「モナリザ」やキリストたちの「最後の晩餐」の作品で有名なレオナルド・ダ・ヴィンチとほぼ同じ時代で生きていて、ほほがゆるみます。


尊敬する世界の偉人ランキングでもおなじみですが
レオナルド・ダ・ヴィンチはイタリア、ヒエロニムス・ボスはネーデルランドととらえてみると、違いもわかりやすいかもしれないです。


展開しておくと、
夢絵や幻想的な絵を制作するイラストレーターさんや絵本作家さん、漫画家の先生などクリエイターさんだけでなく、ヒエロニムス・ボスがどんな絵を描くのか気になる人も多そうで、面白いです。


錯視や隠し絵のモチーフ話題ではないですが、
個人的には、不思議な生き物のひらめき方法、アイデア発想法も気になる画家の一人で、脈打ちます。


挿入しておくとしたら、このあたりでしょうか。
油絵【画材購入前】チェックポイントとは?気をつけること・注意点もアップ!

黒い絵の画家!ゴヤの代表作は?聴覚障害【芸術家の美術】黒い家と絵画作品

変な絵を描く人は誰か【何かがおかしい!面白い絵】現代アーティスト編:続

ヘタウマとは?【面白い絵】【現代アーティスト的日本人】変な絵を描く人等

じわじわきます。


時間もでてしまいそうなので、続きはまた今度です。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!
タグ:画家 作者
タグクラウド