検索ボックス
2021年02月10日

マリア・サンタンジェロ【白シャツ】おしゃれな不思議、ブランドやホワイト

damashie illustrator 000108.jpg

【最新 錯視アート配信中】

サイブログ

ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

職人の文字に、弱いです。


パッと見や、直感で形が綺麗など、良いと思ったものでよければいくつか書いておきます。


良いワイシャツといっても範囲が広いことと、どういう場面のものが欲しいのかわからないので、前に触った女性のユニクロや男性の無印良品の足しになるようなイメージで、良いでしょうか。


気にしてしまうことは無理もないですが、あまり気にしないでください。


ケースバイケースですが基本的には、好きな服が良いと思います。


そのほうが楽しいからです。

写真や画像だけできれいと思った白シャツ


視覚の世界は、強力でおもしろいです。


白シャツは色々なメーカーやブランドから出ていますが、写真を見ただけで形がきれいと思うものはいくつかあります。


裏技やライフハックではないですが、
かっこいいワイシャツのデッサンや絵を描きたいときに、すでに出来上がっているかっこいいシャツの写真を見る方法もひとつと思います。


前に触ったシャツの絵で構造の特徴の続きですが(レギュラーはどの骨格でも似合うといわれるなど)、ワイシャツのデッサン練習に限らず幅広くチェックしておくとしたら、マリア・サンタンジェロ(Maria Santangelo)のシャツは、チェックしている人が多そうな気がします。


見ただけでおしゃれな感覚を感じる服も、不思議な気がします。


伊勢丹もそうですが、こういう話題になると、
良いものは良い、美味しいものは美味しいという言葉がよぎります。


美大生だけでなく、カジュアルシャツなどシャツ系が好きな友達や家族にブランドに詳しい人がいたら、聞いてみるといいかもしれません。


かっこいいです。

マリア・サンタンジェロ(Maria Santangelo)白シャツ


すぐに必要になるかはおいといて、
見て描くほうが速いという人は多いと思いますが、いくつかある中でお手本になりそうなシャツの一枚という人も多いと思います。


白シャツならこれという男性もいるかもしれません。


高級ワイシャツ、高価な値段の高いシャツといわれる範囲ですが、曲線など美しい(かっこいい)印象です。


写真で見るとわかると思いますが、形状的にきれいなイメージです。マリア・サンタンジェロという名前もおしゃれですが、この曲線のラインが好きという人もいると思います。


セミワイド 男性(メンズ)


(もし描くなら、良い意味でボタン位置に注意です)


マリア・サンタンジェロに限らず、色彩的には
ホワイトを持っている人が、サックスブルーに決めるというようなイメージでしょうか。


ワイシャツの絵やイラストの描き方だと主線を太い線で、シワを細い線でもわかりやすいですが、特徴をおさえるイメージで良さそうなものをいくつか見つけておくと、将来役立つかもしれないです。


個人的になくならなければ、在庫は気にならないです。

メンズ、レディース問わずホワイトは便利?


人気の白話題です。


マスクもそうですが、色彩的にホワイトの一般的イメージは、清潔感、明るいなどポジティブなイメージが多いので、男女共通で人気の白、王道の白といわれるのはわかる気がします。


じわじわきます。


形状系が一生モノのスキルになるかどうかはおいときつつ、
通販で買う場合も、青みのある白から黄みのある白までありますが、他の色と比較すると幅が狭いので、よほど目が肥えていない限りは失敗と感じることも少ない気がします。


シャツに限らず、宣材写真にホワイトを選ぶ人も多いでしょうか。


白の絵画(画家)といえばホイッスラーという人もいれば、カジミール・マレーヴィチ(芸術家、芸術理論家)という人もいそうで、不思議な魅力です。オフホワイトの魅力「白の上に白」の作品など、感慨深いです。


このあたりも共通で、わかる人はわかる気がするで十分と思います。


熱いです。


一流のプロや専門家が選ぶものだけでなく、
世界的に評判の高いイタリアの画家といえば、名画の美人「モナリザ」の作者、黄金比、天才でおなじみレオナルド・ダ・ヴィンチはテンションが上がります。


どきどきします。


本物がわかるや審美眼、見る目があるなどの話題もそうですが、
マッチョや肉体美関連でも人気の高いアーティストつながりでミケランジェロ、ボッティチェリなど有名な偉人が目白押しですが、錯視やだまし絵の世界の作者ジュゼッペ・アルチンボルドといい、興奮します。

熱中します。


たまらない魅力です。

ワイシャツ


今回は、万能アイテム感が高い白シャツつながりです。


先ほどのシャツのチェックポイントをオープンにすると、曲線美でしょうか。


どこで買う?描くだけじゃないガンガン着回すこともできる白のコットンシャツつながり(男性の無印良品や女性のユニクロのコットンetc.)などの話題もおもしろいですが、個人的にはメーカー問わず綿100が好みなこともあり、こちらの角度から挿入してみました。


マリア・サンタンジェロ以外にも画像や写真できれいと思ったものはいくつかあるので、このあたりも自由に選んでください。


国によって、季節によって麻シャツという人もいると思います。


メーカーやブランドの選び方は、
好きなデザイナーさんやそのコンセプトに共感するなどが一般的と思います。このデザイナーさんの性格が好き、この雰囲気が良い、応援したいなどです。


具体的にデッサンのヒントにもなるとしたら、以前のリネンつながりで素材の特性として、綿よりも麻のシャツのほうがシワが入りやすいといえます(その分、表情があります)。


ケースバイケースで場合によって、今日のこのときだけは、名品や逸品、価値が高いものが欲しい人も多いと思うので参考になりそうなら、うれしいです。


深堀りしていくと、
人間の体型は同じではないので、例外をのぞいてサイズ感がちょうどいいフィットするものを目指す人が多いと思いますし(リラックスしたいときは大きめ)、太いことが悩みならあまりにも大きいサイズになりすぎないものなど、色々あると思います(同化と対比についてはこちら)。


良いデザインとは?つながりだと、シルエットが良いと感じるものを選ぶと成功率が高そうなイメージです。


似合う似合わない・値段が安い高級系問わず、
個人的には服はなんでもいいので、プチプラのシャツやユニクロで十分なのですが、参考になる人も多いようで役立つならうれしいです。


視覚の世界は、おもしろいです。


何を着るかについては気にしすぎないでください。


シンプルで形状的にきれいな見逃せないシャツや、良いメーカーはほかにもあるので、このカテゴリもマスクと同じようにリクエストが高そうなら、また広げていきます。


おかげさまで広がってます。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!
タグクラウド