2020年08月04日

変な絵を描く人は誰か【何かがおかしい!面白い絵】現代アーティスト編:続

gensouteki illustrator 22.jpg

下絵


damashie illustrator 24.jpg

【最新 錯視アート】

ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、何匹いるでしょうか。犬で作成してますが、人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


変な絵を描く人の心理など


この前はヘタウマに触ってますが、
心理といえば、暗い絵や怖い絵を描く人の心理が気になる人もいそうですが、変な絵を描く人の心理の言葉を聞くと、シュルレアリスム(フロイトの精神分析からの)も気になるところです。

有名な変な絵、好きな作品あるでしょうか。




変な絵のTシャツもほしいところで、ハマります。」


くわえさせて、
不思議な絵、奇妙なアート、なにかがおかしい絵画など、感想によってはよく見るととんでもないグロテスクな絵や、よく見ると怖くない不気味な絵という人がいるかはわからないですが(不気味な絵だとブログのここのサトゥルヌスもあがるかもしれないですが)、今回もポイントだけまとめます。


現代アーティストファンの人といい、現代美術や現代アートのジャンルが好きな人にも人気かもしれないベルギーの人気画家、ルネ・マグリット(René Magritte)も、面白い絵です。研究的な見方、プチ論文レポートの響きも面白いです。


ルネ・マグリットはどんな人?


イメージの魔術師、
20世紀美術を代表する芸術家の1人といわれるマグリットの作品も、特徴やチェックポイントとして、面白いデザインなので、イラストレーターやグラフィックデザイナーなどのカテゴリを超えて、日本人でもこのアートのシュールな世界に影響を受けている人は多そうです。印象として、音のない世界、静寂や静けさも感じて、ふしぎです。

イラストや絵の世界だけでなく、
音楽やアーティストの世界が好きな人だと、ビートルズのりんごを思い浮かべる人もいるでしょうか。


細かく入れていくと、
ルネ・マグリットといえば、シュルレアリスムを代表する画家の1人です。言葉とイメージが特徴的で、うずうずします。

絵の書き方として、
筆触、筆の跡をほぼ残さない傾向もチェックポイントです(人によって古典的な描き方など)。エプロン姿ではなく、スーツで絵を描く人として思い浮かぶ人も多そうですが、確かにアトリエでなくても、キッチンで描くほうが便利で効率も良い気がします。写実的な表現技法、雑ではなく丁寧に制作したい人もファンかもしれない、不思議な美です(油絵の具や画材についてはこちらです)。

シュルレアリスムの手法として、デペイズマンはチェックポイントです。


もうひとつのチェックポイントは、題名の付け方です。絵も不思議、タイトルも不思議なので、その組み合わせに注目する見方も、おすすめです(題名と作品に関連性を考えないでもらいたい)。タイトルと絵の関係だけで、「この絵が何を意味しているのか、いっしょに考えよう」など学校の授業テーマにも定番でありそうです。

問題は
絵の説明や解説といえば、することがなかったということでしょうか。


具体的にプラスしておくと、「目に見える思考」は重要ワードです。


ルネ・マグリットといえば、
美術館販売などでシュールなグッズを手に入れた人もいるでしょうか。Tシャツやトートバッグなどアイディア次第で面白いものになりそうです。中学生の美術の教科書なら作品が掲載されてるかもしれないですが、鳥の絵が好きという人は多そうです。絵本作家が好きな人は、マグリットだと絵本もあります。


まとめていくと、
20世紀美術といえばシュルレアリスム(超現実主義)を連想する人も多そうですが、有名な不思議な絵画を描く人といえば、でマグリットという人もつながります。哲学的でユーモラスな絵も、魅力的です。


これはだまし絵?


だまし絵的な印象を持つ人もおおいでしょうか。

一回挿入しておくと、
白紙委任状は、視覚的にも面白いので、錯視アートや探し絵(隠し絵)が好きな人にはおすすめです。脳トレゲームや、ジグソーパズル・クイズが好きな人も、好きそうな目の錯覚を取り入れている作品です。見えないものが見えて見えるものが見えないことは、面白いポイントです。写真で見るだけでも、ベルギーのブリュッセル、ルネ・マグリット美術館も面白そうです。


少し違う角度で入れていくと、
脳がシェイクされる感覚になる作品に「光の帝国」もあります。今は夜?昼?と頭が真っ白になる代表作の1つ、こういう面白さのある作品も、ハマります。

隠し絵や探し絵の世界ではないですが、
人物の顔が隠れている絵が多いことも、興味深いポイントです。

「何かがおかしい絵」「よく見るとおかしい絵画」など、一般的にこのあたりの感想が近いでしょうか。


はさみこんで挿入していくと、
「意味がわかるとすごい絵」もありますが、日本語のタイトルも色々なので、わかりやすいように簡単に1つずつで入れてます。英語のフォルムはそれはそれでで面白いと思いますが、作品名が面白さのポイントのひとつとしたら原題も気になるので、今回は原題で入れておきます。

作品一覧


一気に出します。

・会話の芸術(L'art de la Conversation)
・恋人たち(Les Amants)
・秘密の競技者(Le Joueur Secret)
・空の筋肉(Les muscles célestes)
・真夜中の結婚(Le mariage de minuit)
・美しい世界(Le Beau Monde)
・ゴルコンダ(Golconda)
・夜想曲(Nocturne)
・ホームシック(Le Mal Du Pays)
・人の子(Le Fils de L'homme)
・大家族(La Grande Famille)
・空の鳥(L'oiseau de ciel)
・ピレネーの城(La durée poignardée)
・光の帝国(L'empire des Lumieres)
・傑作もしくは地平線の神秘(Les Chef D'Œuvre Ou Les Mystères de L'horizon)
・幸運(La bonne fortune)
・世紀の伝説( La Légende des Siècles)
・天才の顔(Le Visage du Genie)

独特で不思議な作品ばかりです。

ゴルコンダとは?と思うかもしれないですが、インドの都市名です。ゴルコンダのリズム感は面白いです。


とりこぼせないポイントとして、
馬が面白い白紙委任状もそうですが、大家族や空の鳥、人の子、ピレネーの城(空中に浮かぶ岩がインパクトのある絵)などは代表作のひとつとして思い浮かべる人も多いでしょうか(アート系英語はこちらなのでおいときつつも、世界の名画の作品名一覧はこちらです)。
ピレネーの城の見どころは、大きな構図のとり方もひとつです。

突き抜けてます。


ファッションコーディネートが上手な人やおしゃれな人だと、
ルネ・マグリットといえば、ネクタイとスーツ、あの帽子も気になるという人も多そうです。

現代幻想絵画、見てて楽しい不思議な世界はおすすめです。


あまりいじるとあとがすごいことになりそうなので、
軽く触っておくだけにしておくと、
ルネ・マグリットから、ダブルイメージの名前でも有名なダリにつなげる人もいそうですが(ジョルジョ・デ・キリコも)、変わった行動や奇抜な格好で有名なダリと対比するように普通の人だったという印象も興味深いところです。シュルレアリスムつながりだとズジスワフ・ベクシンスキーもいますが、ルネ・マグリットといえばアメリカのポップアートが好きという人もつながるかもしれないです。

(アメリカの画家やイラストレーターといえばノーマン・ロックウェルはこちら)

深めにつなげていくと、
錯視絵やだまし絵で人気の作者、エッシャーの世界の計算もすごいですが、マグリットもすごいです。逆さまの上下絵の作品も制作したアルチンボルドだけでなく、日本人浮世絵師だと歌川国芳もいたり、遊び絵関連や歌川芳藤など日本もすごいクリエイターや制作作家たちがいて、心強いです。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!

タグ:画家 作者
| 画家
2020年08月03日

ヘタウマとは?【面白い絵】【現代アーティスト的日本人】変な絵を描く人等

gensouteki illustrator 21.jpg

下絵


damashie illustrator 23.jpg

【最新 錯視アート】


ヒント:隠し絵(探し絵)です。犬や鳥、隠れている動物、何匹見つかるでしょうか。人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(二人の人が向き合う横顔)」、若い女性の見方をイメージすると、わかりやすいかもしれないです。


ヘタウマアーティスト


現代だとアーティストやイラストレーター、クリエイターなど、色々表現があって面白いですが、絵だけでなく歌手や俳優、芸能人などの世界でもあるようで、興味深いキーワードでもあります。かわいいヘタウマイラストの犬や猫など動物系など、ヘタウマの絵本作家や絵師さんなどのキャラクターの起源も気になるところです。

漫画家の先生が制作するヘタウマイラストも、楽しみです。


ヘタウマがウマヘタになる可能性や、
ヘタウマと下手の違いや定義は気になるところですが、一般的にゆるい描き方の傾向は多い気がします。分析や解析系ではないですが、全体的に書きこみ量は少なめのイラストやアートが多いものの、書込み量が高い場合でもヘタウマと評価されることもあり、面白いです。


細かく入れていくと、
視覚的記憶の能力が高い人は、そのまま絵が上手い人と評価されやすいイメージです。写真やモデルなどお手本を見ながら描くことと、何も見ないで描くことは後者のほうがヘタウマの描き方に近づけると思うので、後者に希望が高まります(視覚的記憶などは、練習法などここのあたりで軽く触ってます)

ドキッとします。


ヘタウマも作品のひとつということで、面白い絵のジャンルです。


アイデア勝負感もあるので、ウォーキングだけでなく散歩しながらのアイディア発想法の話題もありつつ、
才能といってしまえばそれまでですが、そこにたどりつくまでの努力があると思います。最近はボールペンや鉛筆の手書きスケッチ風だけでなく、水彩画にも広がっているということで、ゆるみます。

日本美術、ヘタウマ日本画といえば、誰の作品が思い浮かぶでしょうか。


くわえさせて、現代アーティストといえば、
現代アートの頂点といわれるジャクソン・ポロック(抽象画の画家、芸術家)、アクションペインティングを思い浮かべる人も多そうです。


江戸時代版:現代アーティストと大和魂


ヘタウマが好きな人のなかには、シュールな絵もあるので、シュルレアリスムが好きという人もいるかもしれないです。

ヘタウマではなく、面白い絵を描く人や、変わった絵を描く人で入れていくなら、海外だとイメージの魔術師ルネ・マグリット(シュルレアリスムを代表する画家の1人)や、アンリ・ルソーが思い浮かぶ人もいるでしょうか。

面白い絵ばかりです。


こちらもヘタウマではなく、現代アーティストのような人の作品だと「鳥獣花木図屏風」の伊藤若冲もつながります。極彩色の絵でも有名ですが、絵の書き方話題といえば、桝目描きやモザイク画の神業的技法やテクニックは、興奮します。情熱を感じます。


ヘタウマの元祖はむずかしいところで、江戸時代や鎌倉時代、大陸もつながっていて最終的には壁画にたどりつきそうなのでのぞいておきますが、昔と現代も共通してる感覚があると思うと、うれしくなります。

もしかしたら、ヘタウマアーティストといえば
リアルには上手と思いますが、日本人だと仙豪`梵(せんがいぎぼん)を思い浮かべる人もいそうです。有名な日本人墨絵師や水墨画家といえば雪舟もつながりますが、画僧に興味があるという人も多そうです。


仙豪`梵の作品だと、
「○△□(まるさんかくしかく)」の作品はある意味、現代アーティストのような感覚を感じる人もいるでしょうか。錯視絵といえば、三角形や四角形や円形など幾何学図形にひきこまれますが、図形の美しさを感じます。

ゆるふわ、ゆるかわ、筆の江戸時代のかわいい絵は魅力的です。


大和魂といえば富士山、
有名な日本人アーティストランキングといえば、富士山の絵で有名な「富嶽三十六景」の葛飾北斎だけでなく、河鍋暁斎なども入るでしょうか。画鬼もすごいですが、奇妙な絵や奇想の絵、グロテスクな絵や個性の強烈な絵など、人によって表現が色々で面白いです。大和絵、幽霊画もあります。あの有名な日本人浮世絵師たちも若手のときがあったと思うと、興奮します。情熱がある人の絵は、面白いです。


くわえさせて、
有名な日本人といえば「荷宝蔵壁のむだ書」の作者・歌川国芳も、時代を超えて、現代アートコンテストだけでなく、ヘタウマコンテストに出て欲しい画家です。


現代アーティストだけでなく、江戸時代やその前の時代にも視覚的に面白い絵や変わった絵を描く人は海外にもたくさんいますが、日本の大和魂を感じる絵は、(イギリスやフランス、韓国や台湾など、世界は広いので、このあたりを掘り下げても面白そうですが)独特の世界観にあふれています。


プラスしておくと、
ヘタウマイラストや浮世絵のグッズ購入ならTシャツやバッグなど展開は色々ありそうですが、ファッションはおいときつつも、東京も京都も現代アーティストとは相性が良さそうです(世界の有名な絵画の英語一覧はこのブログのこちらです)。


最近だと現代的なものといえば、3Dなど立体的表現もあるので、
錯視絵や騙し絵も面白い絵ですが、日本人だと国宝の雪松図屏風の作品も、視覚的に3Dのような感覚もあり、神業テクニックといい美しいです。作者は円山応挙ですが、逆にころころの子犬たちもゆるふわで可愛いです。

現代アートのインスタがどう盛り上がっているかわからないですが、おすすめ一覧事典や本などがあればゲットしたい気がします。イラストも絵画もアートも、名前は自由で、色々と楽しいです。

妖怪アート


妖怪ウォッチやゲゲゲの鬼太郎のアニメも、子供だけでなく大人にも人気で、面白いところです。

大和魂といえば、
日本には面白い妖怪がたっぷりいます。明るい妖怪もいたり、ちょっとぬけてる感じの妖怪もいて、ほっこりします。日本の妖怪の魅力といえば、ユーモアがあるところもポイントです。

そのままお化けの絵や妖怪アートといくと、おどろおどろしい絵になりそうですが、日本独自の世界観といえば「Kawaii(かわいい)」もあるので、日本の特徴や魅力が全面に押し出しているような気がして、うれしくなります。


神使(しんし)も妖怪もいっしょくたでお祝いできれば、さらに楽しめます。


いろいろ開放して、
ヘタウマから面白い絵を描く人や、変わった絵の作品などに広げましたが、奇想の画家といわれるアルチンボルドといっしょによく名前があがる歌川国芳(寄せ絵やだまし絵、上下絵の名前でも有名な日本人浮世絵師)のように、絵の上手い人や画力が高い人が下手に描く作品もあるので、面白かったりします。

神がかってます。


チェックポイントとして、
このブログではおなじみ、騙し絵の巨匠、芸術家エッシャーの作品も面白い絵なので、変わった絵や不思議な絵画、錯視アートのグラフィックデザイナーやイラストレーター、クリエイターを探している人にはおすすめの作者です。

完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

タグ:作者
| 画家
2020年08月02日

遺伝?絵が上手い人は生まれつき?【子供時代から画力の高い画家たち】

gensouteki illustrator 20.jpg

下絵


damashie illustrator 22.jpg

【最新 錯視アート


ヒント:隠し絵(探し絵)です。動物が隠れている作成ですが、何匹見つかるでしょうか。人気騙し絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(2人の人の横顔が向き合う)」や若い女性などをイメージすると、わかりやすいかもしれないです。

仮に、
絵が上手い人を写実的に描ける人とすると、だれが思い浮かぶでしょうか。


イラストレーターや漫画家の先生などが、枚数をこなしてどんどん絵が上手くなってるのを見たり、一日で絵が上手くなる方法や「ひたすら模写」系などもそうですが、そこでよく上がる話題といえば

・絵が上手い人は生まれつきなのか?
・天性のアーティスト?
・画力の高い人は遺伝なの?などはあるあるの気もします。

子供の時から絵が上手な人はいるのですが、親が絵描きだったという画家もいて、気になったことがある人も多いでしょうか。


美しい女性の絵でもおなじみ芸術家ルノワールの子供は、
画家の道そのものに進まなかったようで(映画監督や俳優など)、親が画家でなくても絵が上手い人だったり、親戚や身近な人の画力が高いなど色々な例があったり、このあたりの話題も面白いです。

今回も早めにスタートします!

天性か?遺伝か?生まれつきか?絵の上手い画家たち


特徴を掴むことも上手い人といえば、
「20世紀最大の画家(芸術家)」で人気の世界的な有名画家ピカソの場合は、父親が絵を描く人です。現代アート、近代美術が好きな人は、とりわけ好きな画家かもしれないですが、親が絵や美術の先生という環境は強いでしょうか。

かたいです。


才能と遺伝で突き詰めていくことも面白いですが、育つ環境も多少なりとも影響はあるきがして、ドキドキします。


具体的に例えば、
「ピカドール(Picador)」という有名な作品がありますが、そのまま絵本や児童書などの挿絵になりそうなイメージで、高鳴ります。よく見てほしいのですが、馬の描き方も9歳の作品として見ると、びっくりします。

簡単に、どういう絵か?というと、闘牛士が馬乗りしている絵ですが、
特に馬の足の描き方は、チェックポイントです。でっぱりとへこみ、凹凸がしっかりと描かれていて、引き込まれます。右上の男性もなんともいえない雰囲気があって、気がゆるみます。


「11歳のデッサン」「15歳のデッサン」を見たことがある人もいるでしょうか。11歳だと小学生だと5年か6年と思いますが、「これで11歳?」と思うくらい、いわゆる「画力が高い人」です。

15歳(中学生か高校生の学年)も、デッサン力が高いです。


(フランスの画家モーリス・ユトリロの場合は母親が画家です。こちらも参考になる人はいるかもしれないです)

くわえさせて、
だまし絵やダブルイメージの名前などでもおなじみ、スペインの画家サルバドール・ダリの6歳頃に制作した油彩作品があります。「フィゲラス付近の風景」です。そして17歳、「庭の少女たち」すごい色の塗り方です。美術学校時代の作品は、もうすでにすごいです。ピカソとダリといえば「窓辺の人物」を思い浮かべる人もいそうです。どろりと溶けた時計の作品「記憶の固執」といいダブルイメージ、テンションが上ります。

最近はトリックアートの名前でも人気ですが
絵本といい、隠し絵(探し絵)、だまし絵や錯視絵の世界は、突き抜けて面白いです。


ダリといえば、
舞台美術や映画製作など絵画の世界だけにとどまらず幅広いジャンルを吸収して、エネルギッシュです。可能性の広がりがすごいです。


光と影の魔術師といえば、世界的な有名画家レンブラントがいて、心強いです。アトリエにいる画家や風景、23歳頃の作品の上手さもそうですし、「ヴィーナスの誕生」や世界的名画「春(プリマヴェーラ)」で人気の画家ボッティチェリの25歳頃の作品「剛毅(フォルテッツィア)」の上手さといい、この年齢のときから上手いことがわかります。


いいところなので挿入していくと、
画家親子といえば、名画「バベルの塔」で有名なブリューゲルは、とりこぼせないです。


日本人画家関連で、忘れてはいけない有名な日本人の親子絵師といえば、葛飾北斎・葛飾応為です。葛飾北斎といえば、あの有名な富士山の絵「富嶽三十六景」の作者で、隠し絵話題も興奮するところですが、お栄が女性ということもあって、このあたりは色々ギュッと詰まってます。絵が上手になりたい女の子たちも、この女性は気になる絵師でしょうか。


このブログをチェックする人だと、
美大生や美術専門学校の人だけでなくマニアックな人たちも多そうですが、女性教授といえば河鍋暁翠に注目してる人もいそうです(河鍋暁斎は、変わった絵を描く人や奇妙な絵を描く人、画鬼など色々です)。女子美術大学というのも、興味深いです。

ほほがゆるみます。


もっとくわえさせて、
「東方三博士の礼拝」は、アルカイックスマイルでおなじみ名画モナリザの作者・天才画家レオナルド・ダ・ヴィンチの29歳ころの作品で、たまらない魅力です。すごい脳の持ち主、この人の脳がどうなっているのか気になります。


絵だけだともったいないので音楽の世界も広げていくと、
ロマンスやエリーゼのためにで日本でもおなじみベートーベンの父親は音楽家ですし、天才や神童の名前でも人気のモーツァルトも父親は音楽家で、こちらも引き寄せられます。


イラストや絵が上手くなる方法とは?


例として出しただけなので
絵が上手い人と自分の比較はしないでください。


美術学校に入学してから絵が上手くなることもそうですが、
幼稚園の頃からすでに絵が上手い子はいたので、色の塗り方まで広げずに鉛筆やボールペンなど線画だけでみると、距離間を掴む能力が高いイメージはあります。このあたりは計測法が助けになると思うので、定規や指はありがたいです。ペインティングの前にドローイングを鍛える人も多いでしょうか。


個人的には、ひらめき方法や、アイディアの発想法が好きなので別として、
ミラー系でアナログ手描きなら鏡に写すやり方でカバーして(デジタルアートなら左右反転と上下反転ツール)、見ればすむので視覚的記憶はしないほうが楽しめます。


細かく具体的に入れていくと、
良いものを見るつながりで、良い絵(良いと思う絵)を見るも有名ですし、上達する方法としてはブラインドコントアー(blind contour)ドローイング的なものもあるので、紙を見ないで描く(手元を見ないで描く)など、やり方や練習法は目白押しです。

裏技ではないですが、
ものを見るときは薄目にすると、わかりやすいです。

ここではむずかしいことはおいときつつも(アートと脳の関係など)、絵を描く人口がどんどん増えるとうれしいです。


最初にピカソを例にしましたが、
強調と省略、対象の特徴をつかみとってデフォルメする力も、チェックポイントという気がします。一般的な塗り方も触っておくと、ざっと塗るところは塗り、細かく塗るところは塗る、というようなメリハリもポイントでしょうか。


こういったコツなど知識系カバーは、色々あります。

キャラクターや人物の描き方だと骨格や筋肉の構造、つながりを把握するやり方もそうですが、
光の当たる部分をはっきりと細かく塗り、影の部分をざっと簡単に塗る方法など、あふれるほどあるのでこういうのを掘り下げても面白そうです。


もっと身近な例で日常場面、肌と紙は違いますが共通するところもあるので、
女性のメイク方法の「どこを手抜きして、どこを塗り込むか?」みたいに、最近よく聞く引き算足し算をイメージすると、わかりやすいかもしれないです。

構図のつくり方や黄金比なども
良い意味で、希望が広がります。


例えば、
先天的に絵を描く能力が生まれつき高いとしても、ある程度までは後天的に高くすることも可能といわれてるので、このあたりは視界が明るくなります。

個人的にはがむしゃらに描くだけですが、
隠し絵(探し絵)を作成してるときが、宝探しみたいではずみます。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

| 画家
タグクラウド