2020年06月18日

隠し絵【面白い動物etc.】有名な海外の画家や日本人作家!浮世絵など

art.jpg

約束の元絵



damashie byouki.jpg

【最新 隠し絵クイズ】


動物が隠れています。何匹見えるでしょうか?

ヒント:ちょっと作成まで時間がかかってしまいましたが、小さな画面にすると、わかりやすいかもしれないです。




簡単に、
隠し絵とは何だろう?とすると、じーっとよく注意して絵を見ると、ほかのものの形がわかるように描かれているもの..という意味でとらえると、個人的にわかりやすかったです。


すぐに気づかないようにというのも、ポイントとしてとらえてます。


くわえさせて、
隠し絵の魅力はたっぷりあるのですが、絵のなかに隠れているものがわかる一瞬のスッキリ感が、たまらないです。

奥深いです。


お金持ちの美術好きという言葉も面白かったのですが、最近は自分の仕事やビジネスのために美術知識が必要、アート系、絵を勉強しているという人もいるようで、良い意味でびっくりしたりします。

ラクダはあの大きいコブが魅力的です。


頭からぬいていくと、
隠し絵の絵本を読んだことがあるという人も、多いでしょうか。「どこ?」と探したくなる探し絵本や迷路の絵本は、子供だけでなく大人もハマる気がします。遊び絵の絵本、何冊読んだことがありますか

謎めいた魅力です。


子供の頃の思い出といえば、ウォーリーの絵本は私も買ってもらって嬉しかった本ですし、学校の教室にもあったのでクラスの友達のみんなといっしょに遊んだ楽しい思い出があります。

中からあふれるイメージです。


はさみこんでいくと、
だまし絵の絵本などで、見たことがある人もいるでしょうか。
目の錯覚を楽しむ美術、視覚の遊びetc.、面白いです。「うさぎとあひる」のように、二通りに見える絵を探している人も多そうですし、ウサギとアヒルは、目が同じであることもチェックポイントの一つです。

かわいいです。


「モナリザ」や「最後の晩餐」の名画でおなじみ、数学者でもある世界的芸術家のレオナルド・ダ・ヴィンチの絵も、興味深いです。数学や黄金比の話題でもよくとりあげられるモナリザですが、数学的遠近法でもおなじみ最後の晩餐は音楽好きの人も注目してるでしょうか。楽譜といえば、音符のフォルムも魅力的です。


くわえさせて、
ヴィトルヴィウス的人間の絵の、ヴィトルヴィウスは建築家の名前です。


(省略)

例えば、
フラクタル図形といえば、コッホ曲線(数学者のフォン・コッホ、スウェーデン)、ペアノ曲線(イタリア)、シェルビンスキーのガスケット(数学者、ポーランド)など興味深いですが、フラクタルデザインうつくしいのでチェックポイントです。

ほかに錯視といえば、幾何学模様をイメージするという人も多いでしょうか。


(省略)

からめさせて、
テレビでもよくとりあげられる画家のひとりだったりします。天才の名前でも人気のレオナルド・ダ・ヴィンチですが、あるあるのようなもので、もしも気になる場合は、レオナルドの呼び方のほうが良いかと思います。個人的には気にならないのですが、気になる人もいるかもしれないです。

いつの間にかひきこまれます。


パレイドリアといえば、入れ込んでいくと、
ウサギが餅つきして見える月の模様や、心霊写真などもそうですが、雲の形が動物の形に見えるときは面白かったりしますが、パレイドリア効果やパレイドリア現象などの名前で、聞いたことがある人もいるでしょうか。個人的には、木の枝の見え方も何か発見できそうで、回答や答えがない感じがおもしろいです。

人によっては、怖いという人もいるかもしれないですが、こちらも謎めいた魅力です。


隠し絵-人の顔に見える動物の絵-



ほどいてみるなら、
動物や花、果物や野菜で人の顔を組み合わせて描いている画家なら、ジュゼッペ・アルチンボルドの絵もおすすめです。ライオンや鹿、ひつじやゾウなどの動物隠し絵が好きな人だと、見たことがある人もいるかもしれないです。

輝いてます。


ゆっくりはなして、
数学や算数だったり数字が好きな人や、建築物が好きという人の中には、視覚の魔術師や奇想の版画家の呼び方もされる、マウリッツ・エッシャーが好きという人もいるでしょうか。代表作で思い浮かぶ作品のひとつに、メタモルフォーゼUもあります。

ポンと背中を押されます。

エッシャー英語


英語の会話は苦手ですが、外国語の文字をじっくり見つめてる瞬間は好きです。シンメトリーのアルファベットと左右非対称の文字を探すときが、面白いからです。

好きな文字あるでしょうか?


一回挿入していくと、
今回は隠し絵ですが、エッシャー関連だとこのあたりの英語をチェックしておくとのちのち便利な気がするので。一部を厳選してみました。
▷Maurits Cornelis Escher:マウリッツ・コルネリス・エッシャー
▷exhibition:エキシビジョン、展覧会、展示会
▷graphic artist :グラフィックアーティスト
▷artist:芸術家、画家、美術家など
▷mathematically:数学的に


オランダといえば、チューリップの花やフェルメール(画家の名前)などのイメージが一般的でしょうか。

個人的にはココアが思い浮かびます。

おいしいので、好きな飲物です。


▷Dutch:オランダ人の
▷Netherlands:ネザーランズ、ネーデルランド、オランダ
▷world:世界
▷masterpiece:マスターピース、代表作、名作や傑作
▷Metamorphosis I:メタモルフォーゼ I、(形態の変容)
▷House of Stairs:階段の家
▷Ascending and Descending:上昇と下降

エッシャーの代表作、有名な作品といえば「滝」「上昇と下降」などが人気ランキングなどに入るでしょうか。


▷artwork:アートワーク、作品
▷sketch:スケッチ、写生、下絵や素描も
▷woodcut:木版画
▷art:アート、芸術作品、美術作品
▷lithograph:リトグラフ
▷mezzotint:メゾチント版画、銅版画
▷drawing:ドローイング、描画、線画など
▷mosaic:モザイク画
▷tessellation:テッセレーション、モザイク細工
▷illustration:イラスト、本の挿絵
▷Surrealism:シュルレアリスム、超現実主義
▷Conceptual art:コンセプチュアル・アート、Idea artはアイデア・アート
▷Cubism:キュビズム
▷Dadaism:ダダイズム
▷De Stijl:デ・ステイル

絵や美術系関連の英単語だとこのあたりも、面白いでしょうか。


▷geometry:ジオメトリー、幾何学
▷stellated polyhedra:星型多面体
▷hyperbolic geometry:双曲幾何学
▷reflection:反射、映像
▷symmetry:シンメトリー、対称
▷impossible object:不可能物体
▷impossible figure:不可能図形
▷objects:オブジェクト、物体、対象
▷spherical geometry:球面幾何学

幾何学図形が好きな人は、好きな単語かもしれないです。こちらの錯視アートでしたジオメトリーやシンメトリー関連、このあたりも基本になる気もします。


▷graphic artist:グラフィックアーティスト、グラフィックデザイナー
▷illustrator:イラストレーター
▷painter:画家
▷artist:アーティスト、作家や作者
▷originality:オリジナリティー、独創性、奇抜
▷technique:テクニック、技術
▷perspective:パースペクティブ、遠近法や透視図法、見方など
▷imagination:イマジネーション、想像力、創造力(作者や作家など)
▷pencil:鉛筆
▷India ink:墨汁、墨
▷ability:才能、能力

色々な分野の専門家が助けになる感覚でおもしろいです。

▷biologist:生物学者
▷mathematician:数学者
▷crystallographer:結晶学者、結晶学の専門家
▷scientist:サイエンティスト、科学者(自然科学者)
▷critic:評論家、批評家

繰り返し模様、リピートデザインは魅力的です。
日本の伝統模様、和柄もかっこいいですが、海外のデザインもかっこいいものがあふれてます。


▷decorative art:デコラティブアート、装飾芸術
▷Moorish architecture:ムーア建築
▷decorative design:デコラティブデザイン、装飾図案
▷interlock:結合する、組み合う
▷repetitive patterns:繰り返しパターン
▷pattern:パターン、図案、柄や模様

無限のアラベスク模様が大好きな人もいるでしょうか。

気持ちいいデザインです。


▷inspire:インスパイア、ひらめきを与える
▷inspiration:インスピレーション、刺激
▷popular culture:大衆文化
▷popular:ポピュラー、人気のある、評判の良い
▷appreciate:鑑賞する、高く評価する
▷retrospective exhibition:回顧展

プロフィールや経歴関連だと、こういうのもあるので面白いです。


▷Princessehof Ceramics Museum :プリンセスホフ陶器博物館
▷technical college:テクニカルカレッジ、工科大学
▷architecture:建築様式や建築学、構造
▷Italy:イタリア
▷Alhambra:アルハンブラ宮殿
▷structure:構造

こちらも大ファンという人、大好きな人いるでしょうか。


▷Edgar Rubin:エドガー・ルビン(心理学者、デンマーク)
▷Rene Magritte:ルネ・マグリット(画家、ベルギー)
▷Salvador Dali:サルバドール・ダリ(画家、スペイン)
▷Giuseppe Arcimboldo:ジュゼッペ・アルチンボルド(イタリアの画家)
▷Parmigianino:パルミジャニーノ(イタリアの画家)

天使のように美しい美青年でおなじみかもしれないです。
ケン・ノールトンはKen Knowltonです。


▷shape:シェイプ、形状
▷figures:フィギュア、図形
▷spiral:スパイラル、螺旋
▷ring:リング、輪、指輪
▷cube:キューブ、立方体
▷cone:コーン、円錐
▷sphere:スフィア、球
▷convex polygon:凸多角形
▷hexagonal grid:六角格子
▷vertex:頂点
▷plane symmetry group:平面対称群
▷edge:エッジ、はし
▷center:センター、中心
▷circle:サークル、円
▷rotational symmetry:回転対称


個人的に、算数は苦手です。

数学が好きな人の中には、図形英語が好きな人もいるでしょうか。


▷theme:テーマ、主題
▷multiple:複数の
▷simultaneous:同時に起こる、同時の、
▷overlap:オーバーラップ、重ねる
▷intellectual:知性的
▷lyrical:リリカル、感情豊かな、叙情的な
▷narrative:物語

エッシャーの作品といえば計算的、論理的のイメージも根強いでしょうか。面白くて、目が輝きます。


▷feature:フィーチャー、特徴
▷visual:ヴィジュアル、視覚の
▷analysis:アナリシス、解析や分析
▷observational:観察の
▷infinity:インフィニティ、無限
▷exploration:探求
▷elaborate:精巧な
▷align:一直線にする
▷periodic:ピリオディック、周期的な
▷transform:変形させる
▷reproduction:複製
▷division:分割
▷space:スペース、空間

いつの間にか引き込まれるところも、ふしぎです。


▷absorbing:夢中にさせる
▷unusual:異常な、珍しい
▷fascinate:魅惑する
▷mania:マニア、熱狂
▷activity:アクティビティ、活躍、活動

エッシャーの世界の魅力だと、緻密さや、遊び心など色々あります。


▷product:プロダクト、産物
▷operation:オペレーション、操作
▷explain:説明する
▷obsession:取りつくこと
▷lecture:講演、講義
▷publish:パブリッシュ、発行する、出版する

エッシャーの講義、聞いてみたいです。


▷motif:モチーフ、テーマ
▷bird:鳥
▷fish:魚
▷insect:昆虫
▷ant:アリ
▷grasshopper:グラスホッパー、バッタ、キリギリスなど
▷landscape:風景
▷plant:プラント、植物
▷plane:平面、飛行機など
▷nature:ネイチャー、自然
▷Snakes:ヘビ
▷lichen:苔癬(たいせん)、木や岩などに生えるコケ
▷relativity:相対性
▷print:プリントする、印刷する、出版する
▷book:ブック、本、書籍

画集の英訳だとart collectionやartworksなどがハマるでしょうか。


熱いです。


コツコツ入れていくと、
もちろん水の流れの「滝」の絵や、ペンローズの階段から受ける感覚も好きだったりしますが、メタモルフォーゼのような変化を感じる瞬間がたまらなく面白いです。



このあたりで展開していくと、
錯視アートやだまし絵、最近はトリックアートなど色々名前はありますが、隠し絵や探し絵やダブルイメージ、遊び絵や寄せ絵など、こういった絵は面白いです。

共通するポイントもたっぷりあります。


くわえさせて、
動物探し的なもので、動物のなかから出すとしたら、例えばパンダや牛、ダルメシアン犬も相性が良さそうでしょうか。白黒まだら模様のダルメシアン犬といえばグレゴリー、英語だと隠し絵なので、ヒドゥンピクチャーで hidden pictureもあるでしょうか。

魅力に夢中になります。


隠し絵デザインの描き方のヒント



(省略)

もっとくわえさせて、
生きるための工夫がギュッと詰まっているまつ毛バサバサ、長いまつ毛ももそうですが、ラクダミルクもの話題もふくめて、体温調節は興味深いです。ラクダといえば色彩でついていくと、キャメル色も身近でしょうか。

はなの穴は自分で、閉じたり開いたりできます。


(省略)

足しになるものとして、
絵の描き方でいくなら、動物など生き物の保護色も、良いヒントになりそうです。味方になってくれそうな、お気に入りの生き物はいるでしょうか。
自然から学べるデザインはたっぷりありますが、自然の隠し絵の世界はすごいです。

インパクト強いです。


しがみついていくと、
海の中の生き物も見逃せないですが、比較的、鳥は特徴的でやりやすいかもしれないです。くちばしは、わかりやすいです。


くわえさせて、
トリックイラストの「なにが見えるかな?」は人それぞれといえますが、簡単に見つけられる人もいるでしょうか。「どこに隠れているのか?」探すのは、魅力の一つです。

うれしくなります。


具体的に例えば、
人間や動物、植物や野菜などいろいろなモチーフが絵のなかに隠れているように描かれているので、そのなかから何かを探し出す楽しみがある絵です。大人数で楽しめるアートクイズやパズルみたいな印象です。

にじみ出るものがあります。

自然の観察はチェックポイントです。


だまし絵や隠し絵(探し絵)の見方



開いていくと、
個人的には2重、3重か、それ以上の隠し絵が刺激的で好きなのですが、カタカナの英語だと、ダブルイメージ(double image)で覚えてる人もいるでしょうか。ダブルイメージだと二重像、個人的には、1つの絵に2つのイメージが見える意味でとらえてます。

不思議な感覚におそわれます。


いくつかある見え方のなかで、脳がひとつを選択するイメージで、面白かったりします。

感覚が、開けてきます。


多義図形のambiguous figureの表現も興味深いですが、
「嫁と義母(My Wife and My Mother-In-Law))」の英訳は「若い女性と老婆」や「婦人と老婆」などいろいろあります。だまし絵、隠し絵や探し絵の作品を、雑誌やサイトで見たことがある人も多いでしょうか。


そのまま力を抜いて、
難しいと思う人もいると思いますが、例えば
・魔女のような女性のみ見える場合:目→耳に、鼻→アゴ、口→ネックレス
・若い女性のみが見える場合:耳→目、あご→鼻、ネックレス→口にする

どうだったでしょうか?

見えないときは、この方法で当てはめると、わかりやすいかもしれないです。スイッチの切り替えの瞬間を、体験できるでしょうか。

海外の絵も、魅力的なものがたくさんあります。

やる気が出てきます。


ほかのポイントとして、もしも見えないときは、サイズの変更すると見方が変わって見えるようになるかもしれないので、おすすめです。


日本人の隠し絵作家や作者



挿入していくと、
隠し絵の世界だと古今東西、「ルビンの壺」や「嫁と義母」、どくろの絵などがありますが、日本人画家、浮世絵師としても有名な歌川国芳の作品「みかけはこわいが、とんだいいひとだ」すごい浮世絵師です。江戸時代のアーティスト、イラストレーター、グラフィックデザイナーetc.表現は色々ありますが、すごいです。子供用や大人用に限らず、歌川芳藤(うたがわ よしふじ)の「おもちゃ絵」もアイデアや画力がすごいです。丁寧な絵を描きたいというひとも、チェックしているでしょうか。

あこがれます。


ポイントとして、
あだ名や異名など「おもちゃ芳藤」の呼び方も気になります。歌川国芳の弟子が、芳藤になります。猫絵の作者が好きな人のなかでは、知ってる人も多いかもしれないです。


子どもが遊ぶ絵は、貴重です。

ほほがゆるみます。


だまし絵の制作もそうですが、寄せ絵とは何かというと
です。このあたりの簡単なポイント説明や解説はこちらです。

江戸の遊び絵は、ハマります。


挿入して、
遊び絵といえば、ひらがなやカタカナ、アルファベットの文字絵だと、2歳や3歳でも子供も大人もいっしょに楽しめるイメージでしょうか。


隠し絵のプリントも欲しいところですし、たけのこ狩りもしたくなります。

魅了されます。


プレゼントでも有名?かもしれないおもちゃ


具体的な名前で入れていくと、

歌川国芳のおもちゃ絵の名前つながりもそうですが、
探し絵や隠し絵の絵本的におもしろいものだと、パズルやクイズ系に熱中します。


子供のころ入院したときは迷路ゲームが面白かったですが、絵本だけでなくこういうものもうれしいです。


「何に見えるか?」で隠れた性格がわかるかどうかの話題はおいときつつも
隠し絵や探し絵、遊び絵などは、コミュニケーションをとれる絵というイメージがあります。デジタル系のゲームではなく、アナログのゲームだと例えば、テーブルゲームといえばジェンガ、ブロックゲームといえばナノブロックも魅力的でしょうか。


ボードゲームといえば、オセロやチェスボードの模様も錯視アートを連想させて魅力的ですが、バックギャモンやスクラブルだけでなく、モノポリーなどしたことがある人もいそうです。


具体的に入れていくと
オセロをじーっと見つめているとネオンカラー効果、チェスボードを見るとチェッカーシャドウ錯視が思い浮かびます。


「世界初」やオセロのような「日本生まれ」のものは、興味深いです。


立体パズルといえばルービックキューブやはずる、

簡単な迷路と隠し絵の世界も面白いのですが、
「好きなパズル作家さんがいるよ」という人もいるでしょうか。

探し絵は脳トレにもなりそうな印象ですが、
脳トレや指トレもふくめて知育玩具といえば、カラフルな組み合わせ、ジオフィクスの3Dパズルも魅力的です。

これ以外にも、ドキドキするおもちゃはあるでしょうか。



ジグソーパズルなら純白地獄をゲットしている人もいるかもしれないですが、


プラスしていくと、
木製の知育玩具といえば北欧・スウェーデンのブリオ、プレゼントとしても赤ちゃんや子供さんのいる方だけでなく、北欧デザインのインテリアが好きな人のなかには、ゲットしてる人もいるでしょうか。本や絵本でも人気ランキング上位やロングセラーは魅力的ですが、ブリオクラウンはとりわけ気になります。デザインの丸みのあるフォルムだけでなく、色彩配色もかわいいがぎゅっと詰まってます。

老舗ブランドの引力は、すごいものがあります。


からめさせて、
パズルなどもふくめてこういうおもちゃがアイデアを刺激するかはともかく、
子供さんへの積み木のプレゼントは定番かもしれないですが、積み木のおもちゃといえばネフやデュシマといい、ゲットしたくなります。

積木製作も面白そうです。


ネフのカラフル積み木の魅力もあふれていて、子供向けとしてだけでなく、大人も楽しめるおもちゃの気がします。芸術的な色彩デザイン、立体造形作家のすごさ、うつくしいです。

突き出してます。

具体的に例えば、
モンテッソーリの名前や幼児教育に興味がある人、保育絵本が好きな人だと、
世界初といえば、幼稚園を創設したフリードリヒ・フレーベル(ドイツの教育学者)を思い浮かべる人もいるそうです。うさぎとカエルのかわいい絵の絵巻物でおなじみ、鳥獣人物戯画(鳥獣戯画)がアニメや漫画の祖だったり、アリストテレスが万学の祖、画家セザンヌは近代絵画の父の呼び方をされるときがありますが、「どんな人?」とすると、フレーベルは幼児教育の父(幼児教育の祖)の名前で有名で、とりこぼせないです。

プチ論文の響きも面白いですが、レポートしたい魅力にあふれてます。

フレーベル積み木の「統一性」と「多様性」、興味深いです。

おもちゃ系は興奮度が高いです。


遊び方が無限大、
何通りでも楽しめる遊びの共通点として、積み木の世界と、錯視アートやだまし絵の世界、隠し絵や探し絵、遊び絵は、奥のほうでつながる気がして、うれしくなります。

目白押しです。


鉛筆といえば?



つながりで、

鉛筆も、もう一回挿入しておきます。

硬いか?やわらかいか?、先端などもポイントをついてます。


入れ込んでいくと、
デザインソフトだとphotoshop(フォトショップ)やillustrator(イラストレーター)、ペインター(painter)もパソコンの中に入れてますが、デジタルアートとアナログ手描きの組み合わせも、うれしくなります。

どちらかといえば、
ダブル効果、良いとこ取りのイメージです。


錯視作品や、最近はトリックアートの名前の手描きだと、ボールペンや鉛筆の作品も魅力度が高いです。ボールペンやアクリル絵の具などもふくめて画材のメーカーなどの話題についてはこちらで触ってますが、

「ハイユニ(三菱鉛筆)」や「MONO100(トンボ鉛筆)」を手に入れているという人もいるでしょうか。

このあたりは、最高級鉛筆とは?で気になる人も多いかもしれないです。


鉛筆から感じられる木の温もりも人間味、人の暖かさのイメージに繋がりますが、木といえばカランダッシュのスイスウッドペンシルもそうです。

高級品ものであっても、安い価格でも、自分に合うものや好きなものが重要と思うので、このあたりは面白い話題だったりします。


大人の鉛筆といえば、ブラックウィン グ602を思い浮かべる人もいるでしょうか。クリエイターや作家問わず、この鉛筆に憧れているひとは多そうです。


機械仕掛けの人形で有名な天才発明家、スイスの天才時計師ピエール・ジャケ・ドローの画家人形、絵を描く人形を見ていると、鉛筆で書きたくなる人もいるでしょうか。


3人のうちの1人、文筆家の文字書き人形を見ていると、インクの壺や羽ペンが欲しくなる人もいるかもしれないです。

スイスといえば、地図作成者、地図の隠し絵の遊び心も探し絵ツアーをしたくなるくらい、とりこぼせないところですが、絵を描く画家、文字を書く文筆家、音楽家のからくり人形は魅力的です。

機械仕掛けの人形、オートマタは味わい深いです。


AIと聞くと、からくり人形が頭のなかでつながります。
世界の頭脳や天才発明家関連で、日本人だとからくり人形だと田中久重の存在も大きい気がします。


(省略)

失敗しない絵の描き方や、上手く色塗りするコツと一般的にいわれている方法として、薄い色から塗って濃い色で塗るやり方もひとつあるので、こちらのほうがわかりやすいかもしれないです。
理由としては、他の方法と比較して、修正が簡単、やり直しがしやすいなど、心強い理由があります。


顔彩の場合は、縦長になるように配置したりするだけでなく、ぬるま湯を落として適度に時間をおいて溶いているひとも多いでしょうか。

筆は縦に動かすイメージです。


顔彩の読み方は、「がんさい」です。日本画絵の具のチューブタイプはポスターカラーや不透明絵の具の代用に、顔彩は透明絵の具の代わりになるイメージでしょうか。


下の色の透けて見える感じが、魅力的です。



上下絵の作家


イタリアの画家、アルチンボルドの「庭師」や「コック」の作品を見たことが流人もいるでしょうか。日本の絵だと、歌川国芳の「両面相 だるま げどふ とくさかり 伊久」の作品が有名かもしれないです。ひっくり返して、上下を逆さまにしても人の顔を楽しめる絵で、興奮します。

「だるま」と「くさかり」の顔から「外道」と「伊久」を見ることができる、というような解説でもおなじみかもしれない面白い作品です。

二人の寄せ絵のテクニックや技法は、興味深いです。


アーティスト


児童書や絵探し絵本(探す絵本)もありつつ、バンクシーからの流れで、キャンベルスープ缶 I (トマト) も興味深いので現代アートや現代美術といえば、芸術家アンディ・ウォーホルのポップアートも魅力的ですが、

浮世絵といえば、東洲斎写楽、喜多川歌麿、歌川広重、歌川国芳、葛飾北斎などの絵師が有名なイメージです。
葛飾北斎といえば、「冨嶽三十六景(読み方:ふがくさんじゅうろっけい)」も人気作品という印象で、読み方などについてはこちら(冨嶽三十六景とは?【一覧】富士山の絵で有名!人気絵師・葛飾北斎の名画)で触ってます。


吉祥画や縁起の良いもの、幸せのモチーフ、ラッキーやハッピー系などの言葉に惹かれる人のなかには、富士山の絵が好きという人もいるでしょうか。葛飾北斎といえば、代表作の一つとして大きい波の絵の「神奈川沖浪裏(かながわおきなみうら)」も有名ですが、
とりわけ赤い富士山の有名な絵、日本の赤富士の超有名作といえば「凱風快晴(がいふうかいせい)」もそうですが、岩松院の「大鳳凰図」、八方睨み鳳凰図(はっぽうにらみほうおうず)の天井絵も気になるでしょうか。


肉筆画の傑作、大作ですが、江戸時代の絵師、日本人アーティスト、巨匠たちetc.すごいです。


簡単にひらがなで読み方も触っておくと、
・東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)
・喜多川歌麿(きたがわうたまろ)
・葛飾北斎(かつしかほくさい)
・歌川広重(うたがわひろしげ)
・歌川国芳(うたがわくによし)

日本語のひらがな、読みがなから受ける印象も、やわらかいソフトの独特のイメージがおもしろいです。


こういうジャンルでいくなら例えば
写楽で有名といえば役者絵、喜多川歌麿といえば美人画、という人もいるでしょうか。絵師それぞれに得意ジャンルがあるイメージでおもしろいです。

浮世絵だと、名所絵もあります。


最近はプロジェクション・マッピングや3Dだったりの言葉を聞きますが、
東洋の美、ジャポニズム的な江戸時代の絵と現代のテクノロジー的な何かを組み合わせた、新しい作品を見てみたい気もします。


日本の絵、日本文化のひとつといえば浮世絵の流れでついていくなら
世界的な有名画家ゴッホも、見逃せないでしょうか。ゴーギャンといっしょに共同生活をした、フィンセント・ファン・ゴッホの有名な絵画といえば、名画「ひまわり」の作品が思い浮かぶ人も多いと思いますが、「アイリス」もうつくしいです。


葛飾北斎や歌川広重の遠近法も、ぎゅっと魅力が詰まってます。
冨嶽三十六景や東海道五十三次など、大ファンという人も多いでしょうか。


立体的な絵の描き方としては、色の濃淡でも出すことができます。
手前は濃い色で塗って、奥を薄くぬりこむやり方も、遠近感をだす方法のひとつです。


日本の静けさの世界、静寂の美しさといえば、ハンマースホイ(ハマスホイ、デンマークの画家、別名で北欧のフェルメールの呼び方でも)もつながりつつ、オランダ絵画の影響のオランダつながりでゴッホの生まれた場所としても魅力的ですし、「糸杉」もオリジナリティが高い印象です。日本の絵が好きな人だと、印象派の画家が好きという人も多そうな気がします。


フランスといえば、
国歌のラ・マルセイエーズ、国旗の色は青と赤と白色が魅力的です。ルーブル美術館というひともいるかもしれないですし、世界遺産のヴェルサイユ宮殿(ルイ14世)という人もいるでしょうか。
バロック様式もうつくしいです。漫画やアニメといえば、ベルサイユのばらをイメージするひとも多そうです。学校の授業で習ったかもしれないカール・マルクスの資本論を思い浮かべる人もいそうです。

自由、平等、友愛の国、
花の都パリも、きれいな響きです。


トロンプルイユはフランス語?


遊び絵、隠し絵や探し絵、錯視や目をだますだまし絵が好きな人にはおなじみ、フランス語のトロンプ・ルイユ(Trompe-l'œil、目をだます)の名前が好きという人も多いかもしれないです。華やかな国フランスのイメージのような、おしゃれな響きです。

トリックアートの名前が好きな人は好きかもしれない、印象的な絵といえば、「非難からの逃走(非難を逃れて)」も面白いです。スペインの画家、ペレ・ボレル・デル・カソ(Pere Borrell del Caso)の絵です。
額縁まで描いてあるところがポイントで、一言でいうと、人物が絵から飛び出てくるように見える絵です。

良い意味で、絵やアーティストといい「無名」は気になるところです。


シュルレアリスム(超現実主義)の代表的画家といえば、サルバドール・ダリやルネ・マグリットが思い浮かぶでしょうか。


こちらも魅力的です。


現代アーティストみたいな面白い絵


テクニックや手法、技法系で日本の水墨画家、日本人墨絵アーティスト、雪舟も深堀りしましたが、中国の画法といえば増山雪斎(ましやませっさい)や伊藤若冲(いとうじゃくちゅう)もつながるでしょうか。


かっこいいです。


伊藤若冲のように、中国絵画の模写をしている人もいるでしょうか。「鳥獣花木図屏風(ちょうじゅうかぼくずびょうぶ)」の作者です。伊藤若冲の代表作の一つといえばたっぷりあるのですが、鳥獣花木図屏風の
有名な技法、絵の描き方として「升目描き(ますめがき)」です。8万6000個だったと思いますが、デジタル画のようなイメージです。デザイン性にハマります。

現代のアーティストのようなイメージがあふれていて、ふしぎな魅力に引き寄せられます。


くわえさせて、
「動植綵絵(読み方:どうしょくさいえ)」の「老松白鳳図(ろうしょうはくほうず)」、「牡丹小禽図 (ぼたんしょうきんず)」の作品も興味深いです。


増山雪斎の作品といえば、細かい絵の描き方、緻密な「孔雀図」も魅力的です。


多様性を認めるという意味でも好きだったりします。

前にロジカルという言葉も面白かったですが、「アート思考」という言葉の響きも興味深いものがありつつ、ひらめきのような「直感力」も個人的に魅力だったりします。


オリンピックの話題つながりで、
日本の仏像の曲線美、S字曲線のうつくしさといえば百済観音(読み方:くだらかんのん)、肉体美といえばギリシャ彫刻も思い浮かびますが、スポーツと人体のテーマで深堀りしても、面白い気がしました。
人間の体の可能性も興味深いです。古代ギリシアといえば彫刻家ポリュクレイトスの「ドリュフォロス」をイメージする人もいそうです。

(省略)

隠し絵や探し絵は、見るのも好きなのでほか人の作品も面白いです。


また新しい絵、作成できたら公開してみます。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!
タグクラウド