検索ボックス
2021年12月06日

歌川広重がしたこと【有名浮世絵】性格は?ゴッホの模写や作品集などまとめ

damashie illustrator 000304.jpg

【最新 錯視アート配信中】


ヒント:脳トレクイズや謎解き前のウォーミングアップ用、隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか?(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。

ようやくです!

歌川広重(安藤広重)とはどんな人?、何をした人?で、気になる人も多いでしょうか。


戯画も制作してます。


まじめで誠実そうな人、
話すことが好きな性格、手を差し伸べる人柄などのイメージをもつ人もいると思います。
旅行が大好きな人というイメージも強い浮世絵師です。


長いので後ろからポイントだけ、入れていきます。

東海道五十三次とは何か?魅力、作者


江戸時代後期にかつやくした日本人浮世絵師のひとりです。本名は安藤重右衛門です。1797年に誕生します。写実的描写も絵の特徴のひとつという気がします。絵のテクニックや技法つながりだと、視覚的に遠近法も面白いです。


風景画で一世風靡してますが、苦労したこともたくさんあったと思います。


からめとっていくと、
歌川広重といえば「東海道五十三次(とうかいどうごじゅうさんつぎ、多色刷り、木版画)」という人は多いと思います。歌川広重の代表作の一つです。


浮世絵の連作、東海道(江戸から京都までの街道)ととらえてみるとわかりやすい気がします。宿場町の風景が53あるというイメージです。歌川広重の最高傑作と感じる人も多いと思います。日本橋は江戸から京都への東海道の起点です。


細かいところまでチェックしてくれて、ありがとうございます。


作品と文字のセットだと漢字と英語のThe Fifty-three Stations of the TokaidoやHiroshige Utagawaの組み合わせも、かっこいいと思いました。グッズ関連だとポストカードやポスターやパズルだけでなく、切手も見てみたい作品の一つです。


東海道の名所風景を絵にしていて、東海道五十三次「藤川宿」の犬も可愛いです。


風景スケッチしながら旅をしていたことを想像すると、興奮します。たくさんの種類の色をすり合わせて木版画にする浮世絵は、面白いものがあります。


歌舞伎役者の作品つながりでいくと、東洲斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)といえば役者絵、喜多川歌麿といえば美人画というイメージもありますが、歌川広重も役者絵や美人画を描いていました。


好奇心を刺激されます。


東海道五十三次の魅力は、街道宿場を生き生きと描いていることも一つと思います。
人気があったことの理由がわかります。この絵を見て旅にあこがれる人たちが増えたと思いますし、熱いです。


年表も面白いです。
画家として独立してから、東海道を旅して東海道五十三次を出版しました。絵の描き方のテクニックがちりばめられている感じでしょうか。

追記部分:名所江戸百景


「名所江戸百景」は晩年の作品です。


猫の絵もかわいい歌川広重ですが、浅草田甫酉の町詣の画像などネットや本で見かけた人もいるでしょうか。上野清水堂不忍ノ池の読み方は「うえのきよみずどうしのばずのいけ」です。


個人的には「名所江戸百景 水道橋駿河台」の鯉のぼりの絵の描き方に、テンションが上がります。深川洲崎十万坪(ふかがわすさきじゅうまんつぼ)の鷹や構図もかっこいいので、おすすめです。


豆知識系はいつも面白いです。


関連で挿入していくと、
東海道五十三次とは?いつ?の簡単解説や詳しくはこちらで触ってます。渓斎英泉は「けいさいえいせん」、木曽海道六十九次は「きそかいどうろくじゅうきゅうつぎ」です。


ここもまた開いていきます。

富士山、波の絵でも有名な葛飾北斎、ゴッホ


具体的にくわえさせて、
画狂老人卍でも有名な葛飾北斎のほうが先で歌川広重があとというところが、興味深いです。北斎は「神奈川沖浪(かながわおきなみうら)」の波の絵、富士山の絵でも有名です。


この二人の年齢差と画風の特徴を比較しても、興味深いものがあります。


学校のテスト問題あるあるだと、元禄文化と化政文化のあたりの江戸時代前期と後期系、北斎の冨嶽三十六景と、広重の東海道五十三次で暗記した人も多いでしょうか。個人的な覚え方は数字と名前の漢字でした。同じ人がいると、うれしいです。


「見返り美人図(肉筆画)」の作者、菱川師宣とまざる人もいるでしょうか。


このあたりで突き詰めていくと、
葛飾北斎の「富嶽三十六景」と、歌川広重の「冨士三十六景(ふじさんじゅうろっけい)」もあるので、面白いです。共感するところだけで、だいじょうぶです。


色々な風景からの富士山が見れるので、貴重です。


ジャポニスム、ヨーロッパで日本ブームが起きたと聞くと、突き抜けて気持ちが明るくなります。
世界的に有名なヨーロッパの画家たちも浮世絵の魅力に驚いたと思います。西洋の画家にも影響を与えていることは、注目ポイントの一つです。


日本だけでなく海外でも人気と聞くとうれしくなります。


深めに突き詰めていくと、
例えば、作品の背景に浮世絵を描いた画家にゴッホ(オランダ、画家)がいます。研究心を刺激されます。代表作のひとつに「ひまわり」の花の絵がありますが、こちらの「タンギー爺さん」も比較的有名なほうでしょうか。


一生モノのスキルを身につけるつながりではないですが、
すごいところといえば、ゴッホが模写したといわれる「名所江戸百景 亀戸梅屋敷」も見てみると、面白いかもしれません。 大はしあたけの夕立も興味深いです。雨の表現、線に注目です。


二人の表現の違いに脈打ちます。


気になる19世紀はいつかというと、西暦1801年ー西暦1900年です。クロード・モネのファンという人も多いと思いますし、パリで評判になる日本人浮世絵師、葛飾北斎や歌川広重といい、この時代のイラストレーター、グラフィックデザイナー、アーティストetc.表現は色々と思いますが、インパクトがすごいです。


抜き差ししましたが、
歌川広重は江戸生まれです。ヨーロッパの画家たちにとっては、日本の浮世絵の構図はダイナミックに見えたのかもしれません。見逃せないです。


脈打つ人も多いでしょうか。


青色の魅力といえば、ヒロシゲブルーにも引き寄せられます。ヨーロッパからの輸入の絵の具と聞くと、どきっとします。武者絵だけでなく寄せ絵(だまし絵)の世界でも有名な歌川国芳ですが、遊び絵が魅力的な歌川芳藤といい、歌川派の絵師たちだと風景画の歌川広重もいるので、背中を押されます。


視覚の世界は強力で、面白いです


伝説的共演作だと、人気絵師二人の歌川広重と歌川豊国の「双筆五十三次」など、また新しくピックアップしていきます。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

・広重TOKYO 名所江戸百景

サイブログ

冨嶽三十六景とは?【一覧】富士山の絵で有名!人気絵師・葛飾北斎の名画

◇歌川広重の作品集【作品一覧レポート】美術館とデザイン説明etc.

猫の絵画は?【簡単解説】海外と日本、人気画家や有名な浮世絵!

◇展覧会と絵本作家【伝説浮世絵】雪の妖怪、現代アートダウンロード

ノーマン・ロックウェル【アメリカ出身】画家(イラストレーター)簡単解説

日本人の水墨画家、現代の墨絵アーティスト【雪舟】この時代のすごい作家
タグ:作家 作者
| 画家
タグクラウド