検索ボックス
2021年08月31日

ピレネーの城の感想【ルネ・マグリット】魅力と意図、気になる作者の気持ち

damashie illustrator 000287.jpg

【最新 錯視アート配信中】


ヒント:脳トレクイズや謎解き前のウォーミングアップ用、隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか?(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

人気の錯視画や目をだますだまし絵でも何度も触ってますが、世界的な有名画家ルネ・マグリットの作品のファンという人も多いでしょうか。


どの時代もイラストレーター、グラフィックデザイナー、アーティストetc.表現は色々と思いますが、インパクトがすごいです。


できるなら会ってみたいです。


鑑賞つながりで一気に展開していくと、
ピレネーの城の魅力といえば、感想や意味が気になる人も多いでしょうか。ルネ・マグリットの技法や書き方も、興味深いものがあります。シュルレアリスム(超現実主義)の訳も気になるところですが、シュルがフランス語の超、現実主義のレアリスムなど、広がりがあります。


ピレネーの城とは?というよりも、ピレネーの意味が気になる人も多そうで、役立つならうれしいです。


固定観念にとらわれないイメージに、衝撃を受ける人も多いでしょうか。


ルネ・マグリットはシュルレアリスト、ベルギーの画家ですが、ルネ・フランソワ・ギスラン・マグリット(René François Ghislain Magritte)のこちらの名前の書き方で、見たことがあるひともいるかもしれないです。


イメージの魔術師の名前でもおなじみかもしれませんが、デペイズマンの言葉に引き寄せられる人も多そうですし、貴重な存在です。


ダブルイメージの名前だとサルバドール・ダリがよぎりますが、ポストカードやポスターなどそっと上下するだけでも、想像力をかきたてます。


このあたりもいいとこ取りで、良いと思います。


有名な日本人アーティスト、歌川国芳や歌川芳藤も脈打ちますが、騙し絵(寄せ絵)といい、世界の錯視芸術家、だまし絵の巨匠たちに、気持ちが明るくなります。


ピレネーの城についてはルネ・マグリットが作者ですが、ヨーロッパのピレネー山脈(Pyrénées、スペインとフランスの国境をはしる)イメージがふくらみますが、大きい岩が空中に浮かんでいるところといい印象的で、熱中するポイントです。


対比の感覚やありえない事象、発想方法やアイデアのひらめきが魅力的で引き寄せられる画家です。


見れば見るほど、ふしぎな絵です。


頂上のお城への入り方もそうですし、想像していくと楽しめます。

ピレネーの城(The Castle of the Pyrenees)の作品


独自性が突き出してます。


アニメや映画にも登場しそうな絵ですし、イラストもそうですがマンガ風の書き方にしているひともいるかもしれません。


1959年というと、親近感がわきます。


具体的な描き方といえば、
アイディア発想法だけでなく、リアルな絵で岩や空の描き方のお手本にもなりそうです。


ゴツゴツとした岩に対して、青空にほわほわっとした白い雲の塗り方も気になります。海の波の描き方(塗り方)の色のコントラストは強くかっこいいです。タッチがすごいです。


描き方といい、丁寧な芸術家というイメージがあります。


同じ人、いるでしょうか。


画像つながりで展開していくと、
魅力的なので模写をしている人もいるかもしれないですが、岩は小さくなりすぎないようにどんと大きくゴツっとした質感にどっしりとした重量感で、青空の水色をサッと先塗りしてから白い雲をふんわりなど、このあたりは大事に押さえている人も多そうな気がします。


イラストレーターさんやグラフィックデザイナーさんに限らず、心の琴線に触れるような哲学的な絵画を制作している人も多いと思いますし、テンションが上がります。


おすすめの簡単解説もわかりやすいのでおすすめですが、本もありますし、作者の意図や思いも自分なりの解釈を発見してみたりする方法など色々あると思うので、興奮します。


地球から山が離れていることにくわえて、海からも入ることができない城への入り方も謎解きクイズみたいで長時間楽しめるおもしろい絵という気がしますが、錯視画やだまし絵でなくてもルネ・マグリットの制作は、自由な感覚を味わえたり、新しい見方の可能性を広げてくれる気がします。


じわじわきます。


ルネ・マグリットについては性格や画集も気になるところと思うので、また新しくピックアップしていきます。


たまたまの偶然でも、良い出会いが広がる人が増えるならうれしいです。


どこよりも細かい内容や解説といえば
まわりの人の感想にもほかにはない貴重な情報はふくまれていると思うので、どんどんフォローしていきます。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

サイブログ

錯視画像、だまし絵【まとめ100選(動物等)】面白い?怖い?作品の一覧

エッシャー作品の感想は?【だまし絵鑑賞】昼と夜、空と水《鳥と魚の魅力》

トロンプルイユの王【騙し絵】で突き詰めた結果:Trompe l'oeil

世界一売れているという【有名な美術本】美術の物語、初心者入門書etc.

いないないばあ【超ロングセラー絵本】絵の特徴、人気の名作etc.
| 画家
タグクラウド