検索ボックス
2021年05月19日

紳士服スーツなど編【一覧】名前を聞いたことがあるかもしれないブランド

damashie illustrator 000238.jpg

【最新 錯視アート配信中】


ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

スーツと原始時代の服を比較すると、突き抜けて面白いです。


古今東西の服で、やってみてください。


スーツの肖像画は貴重?のつながりで、一部ですが参考になりそうなブランドの名前を出しておきます。スーツをデッサンしたい、お手本が欲しいという人など、役立つならうれしいです。


形がきれいなものなど、色々あります。職人の言葉に弱いです。


たまたまの偶然でも、良い出会いが広がる人が増えればうれしいです。


「エルメネジルド・ゼニア」はこちらで触ってます。

スーツのお手本になるかもしれないメーカー ブランドは?【選び方デッサン】


できるだけ今回も現代風に寄せてみます。


老舗ブランドが好きな人だと
「ヒッキー・フリーマン」などもチェックしてる人は多そうです。米国大統領が愛用、著名人たちに愛されてきたイメージでしょうか。


アメリカの高級紳士服ブランドということで、とりこぼせない人は多そうです。


タリアトーレも挿入しておきます。


競争ではないですが、
前にスーツの描き方でいっていた足のすその長さはこういったものです。

ここはまた、広げていきます。


イギリスとイタリアといえば、世界的に人気のロマン主義の画家ターナーもつながるので、どきっとします。天才的絵画、アート作品をのこしているアーティスト、イタリアの明るい光といい、脈打ちます。「雨、蒸気、速度―グレート・ウェスタン鉄道( Rain, Steam and Speed – The Great Western Railway)」も有名な代表作の一つとして、日本人のファンも多いと思うので、興奮します。


こちらはデ ペトリロです。


画像で比較していくと、描き方もわかりやすいかもしれないです。このあたりはおしゃれでかっこいい写真が多いです。


気にしすぎてしまう人は、服が全てではないので気にしないでください。


英国紳士と聞くと、画像は少ないですが「ギーブス&ホークス」や「ハーディ・エイミス」、「オースチンリード」を思い浮かべる人も多そうな気がします。


役立つ資料を取りそろえる必要に迫られている人もいそうですが、
かたちがきれいなイメージがあります。


どれも人気の有名ブランドとは思いますが、私も最初は名前を知らなかったので、安心してください。


ユニクロでもスーツの写真は見れますが、あまり知られていなさそうなブランドを、パッと見の直感で選んでいます。


イタリアが好きな人だと、「ラルディーニ」も気になっていそうです。


こういった画像も明日あさってまでは無くならないと思うので、安心してください。


残念なところといえば、
着心地がどのくらい良いかは画像ではわからないところですが、気になるものはチェックせずにはいられない人も多そうです。


世界といえば、
イギリス、イタリア、アメリカなど、海外が気になる人も多いと思います。どれが好きかは自由でいいと思います。スーツといえばイギリスという人も多そうですし、格式が高そう、クラシック、しっかりしているイメージなど色々あると思います。イタリアはやわらかそう、華やかetc.人それぞれと思いますし、どの分野も進化は注目です。


このあたりも、いいとこどりでいいと思います。


錯視効果つながりでいくなら、
痩せて見える服、模様としてストライプがあがる例は多いと思いますが、個人的に基本的には無地が良いと思います。視覚効果として、ボーダーは太って見える柄、縦ラインが強調されるストライプは細く見える柄として有名ですが、生地に目がとられやすい気がします。


だまし絵ではないですが、
無地という言葉にだまされそうになるかはおいといても、無地は十分魅力的です。


ほかにも良いものはあると思いますが、今回はこのあたりにしました。


見逃せない共通点で突き詰めていくと、
作り手の情熱やこだわりは、すごいものがあります。熱いです。


視覚の世界は、強力でおもしろいです。


どこよりも細かい内容や解説といえば
プロや専門家、マニアの人たちetc.家族や友達などの感想にもほかにはない貴重な情報はふくまれていると思います。


服は着ていることが重要と思うので、メーカーやブランドも必要以上に心配しないでください。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!


サイブログ


▷靴下の選び方【続】ユナイテッドアローズ、グレンクライド、カルツェドニア http://o-sai.com/article/188542351.html

高額絵画といえば?【あの有名画家の絵も高い】題名一覧リストアップ!名画

おしゃれな人が選びそうな服があれば【高級白Tシャツ編:サンスペル】

パーソナルカラー【色黒が悩み=イエベ秋とは限らない?】ブルベサマー

▷モリンガパウダー【ワサビノキ】50gの味は?amazon 最近の通販生活 http://o-sai.com/article/188577352.html

タグクラウド