検索ボックス
2021年01月15日

視力回復トレーニングを経て【食べ物、目を温めるetc.】メガネなど

damashie illustrator 000103.jpg

【最新 錯視アート配信中】

サイブログ


ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

先に色彩話題で入れておくと、
あるあるの方法といえば食欲を下げるかもしれないといわれる青いサングラス説のテーマがありましたが、眼鏡つながりでいくと、ブルーライトカット眼鏡やオレンジ色のめがねの話題なども、テンションが上がる感覚です。


ほほがゆるみます。


必要に迫られている人もいるかもしれないですが、
目疲れする人など、代わりか併用でスマホやパソコン画面の色彩コントロールや明るさを下がるように設定している人もいるでしょうか。


指でできる内容なので、いっしょにやれるとうれしいです。

視力と画家、アートなど


先に一回出しておくと、
画家と視力、視力とアートといえば、視力低下で悩んだ世界的な有名画家エドガー・ドガ(Edgar Degas)や、ふわふわもふもふの可愛い黒き猫の作品でもおなじみ、人気の日本人画家だと菱田春草(網膜炎)なども、つながります。


視力検査が怖かったこともあり、
目の病気、失明や視力低下などの怖い気持ちを抱えながら生きる人の絵も、すごいものを感じます。


菱田春草の視力が回復したときの作品も、おさえている人は多いと思います。白内障の手術をしたモネや、男性だけでなく女性だとメアリー・カサット(アメリカの女流画家)などもいますので、イラストレーターや絵本作家、グラフィックデザイナーや漫画家の先生etc.でなくても、目は大切にしてください。


ブログで書ける範囲で書きます。


おかげさまで、広がってます。

ホットタオルや蒸しタオルで目を温める


・ホットタオル(蒸しタオル)で目を温める

前にやった視力回復トレーニングといわれていたものを経て、
目を温めるグッズ系でいくなら、じんわり蒸しタオルやホットタオルは、重宝してます。レンジで作る人も多いでしょうか。


将来を左右するかはおいときつつも、
個人的にもなくてはならない、ないと困る、必要不可欠という気がします。


気持ちいい感覚が、じわじわきます。


試しにamazonで目がよくなる系の本やブログ、トレーニング系のものを探してみたことがあるという人も多そうですし、病院でコンタクトレンズももらっていましたが、今思えばかなり危険な使い方をしていたと反省しています。


正直、
注意点や気をつけることなどの言葉は、聞き逃さないほうがいいと思いました。


目を温める時間は、今のところ、5分くらいを目安にしてます。

視力回復トレーニングを経て、遠くを見る習慣


・遠くを見て目を休める

遠くを見ることも、5分以上を目安にしてます。


すぐに必要になるものや、すぐになくなるかもしれないものなどグッズでない方法系は便利なので、忘れないでおくといいと思います(アイマスクは持ってます)。


20-20-20も良い意味で、わかりやすいでしょうか。20秒は数えることができるので、タイマーを20分間隔でセットしても良い気がしました。


ツボは気持ち良いので、ポイントだけ押します。


ないと困る役立つグッズ系は興奮するので好みですが、新商品の発売もよくあるので、飛び抜けてのおすすめはしてないです。


今のところはオレンジ色の眼鏡だとSpectra479のブルーライトカットめがねのあたりは気になるところですが、深呼吸して、今はじっくり検討してからにしてください。


ダイソーやセリアなど100均のオレンジ色のサングラスがあればオレンジ色の世界がどういうものか体験してみる方法もひとつと思います。


(アマゾンでクリップオンタイプがあったので、チェックしてます。普通のメガネタイプもあります)


すぐになくなるものではないと思いますし、
他にも眼鏡はたくさんあるので買ってはいないです。パソコンやスマホの画面設定を調整してオレンジ色にする体験も初めての人は、新鮮で新しい感覚を味わえるかもしれないです。


気持ち良いマッサージ機などや目を休めるグッズなどリラックス家電は良い物があれば欲しいと思うものの、今のところ、こちらも新しい物はまだです。

色彩といえば、食べ物・食品系?緑黄色野菜


ほうれん草が一番に思い浮かぶ人も、多いでしょうか。


ブルーベリーを食べることは好きですが、目のためにというイメージで食べてはいないです(詳しくはこちらです どれがおいしい?【冷凍ブルーベリー!比較】スーパーの市販:感想レビュー )。
ケールやパセリを食べてる人もいるでしょうか。

食品や食べ物系は、生きていくのに必要不可欠です。


もっと深めにくわえさせて、
食べ物だと、ほうれん草だけでなくブロッコリー、クコの実などを摂取してる人は多いでしょうか。


天然の黄色い色素に、テンションが上がります。


とっておきです。


個人的なルテインの色彩イメージは緑色ですが、ゼアキサンチンが悩むものの、色イメージがめぐります。くわえさせて、カロテノイドの名前を聞くと、やや黄色寄りのオレンジ色系が思い浮かびます。赤や赤紫という人もいるでしょうか。栄養は好きです。


にんじんが苦手な人の超克服レシピ【生でそのまま食べる】美味しい食べ方


くるみはちょくちょく食べてます。


魚が食べれないので心配されることもありますが、心配しないでください。


スピルリナみたいな味は好きです。


とりこぼせない視力検査といえば気球や赤と緑は面白いですが、空気にビクッとします。子供の頃に視力低下、近視になって眼科に行ったので回復するのか回復しないのか、落ちる理由は?落ちない方法は?鍛えるには?など考えてハッザ族(アフリカ・タンザニア)、視力の世界ランキング的なもの、視力のいい人や視力が落ちない人も輝いて見えます。


感動するといえば、
もちろんヌートリアもそうですが、ヌタウナギの存在にも、はげまされます。


視力回復した人の視力を上げる話、良くする話も興味深いです。視力回復トレーニング、マッサージ方法などの言葉はもう耳に残らなくなりました。


色々と、命づなです。


具体的に書いておくと、
コンタクトレンズは1日8時間以内にしたり、コンタクトは持ってはいるけどメガネをかけるほうが多いという人も、1リットルのペットボトル、あるいは500mlの水でもゴクリと一気飲みしないようにしている人、目を洗うのは必要なときだけという人などが多いでしょうか。


ドライアイではないですが、目の関連でもしも何か買うとしたら、今のところこのアイシャンプー(クレンジング)かもしれないです。アイメイクやマツエクつながりではなく、目の縁のマイボーム線のあたりで見つける人も多いでしょうか。



・目をこすらない
・目をたたかない


ここもまた広げていくと、
眼球をものすごく動かすことはしないけれど、軽く動かすくらいのエクササイズくらいは、という人も多いでしょうか。


スマホ老眼の呼び方ではないですが、老眼鏡をかける方法をやっている人もいるかもしれないです。つながりで、プレスビオピア(Presbyopia)の言葉をよく聞く機会が増えるかも人もいそうです。


最近だとデニス・ガボールの名前が頭の中をよぎるという人もいるかもしれないです。


錯視や騙し絵の世界ではないですが、
「目が見ているのではなく、脳が見ている」の言葉に、どきどきします。おもしろい絵つながりで錯視画、目の錯覚といえば、カニッツァの三角形は、面白いです。主観的輪郭、実際には存在しない輪郭、パックマン刺激など、一気にテンションが上がる人もいるでしょうか。


どこよりも細かい説明といえば
まわりの人の感想もヒントになるので、貴重な情報だったりします。


安全第一に、無理しないでください。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!
タグ:食事
タグクラウド