検索ボックス
2021年01月13日

にんじんが苦手な人の超克服レシピ【生でそのまま食べる】美味しい食べ方

gensouteki illustrator 87.jpg

下絵


damashie illustrator 000102.jpg

【最新 錯視アート配信中】

サイブログ


ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。(難易度:簡単タイプで作成)
人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


ようやくです!

美味しいにんじんのイラストや絵を描くときにもヒントにしているイラストレーターさんや絵本作家さんも多いと思いますが、補足です。


ドキッとします。

目利き?美味しい人参の見分け方、選び方!色と形


プロのにんじんの選び方で役立つような目立つものといえば、このあたりが気になるところです。

・芯(葉の付け根断面):中心にある
・芯:太すぎない(細い)
・芯:黒くない、茶色くない
・ひげ根の幅:均等
・形:逆三角形
・色:濃い、鮮やか
・色:オレンジ色が濃い
・表面:つやがある
・表面:なめらか
・ずっしり重量感がある
・葉:できれば葉付き、濃い緑色

ぎゅっと凝縮されています。


ハリがあるつやつやで赤みが強い、でこぼこのないきれいな肌が目安です。

錯視や騙し絵の世界ではないですが、
色だけで判断しないこともポイントでしょうか。


つい吸収したくなります。


正直、
実際には色が薄い白っぽいものでも味が濃いものもあるので、種類もあると思います。


硬いものが大好きという以外で、こういった芯が太いもの、黒いものよりは、やわらかい細いもののほうが美味しいという人は多いと思います。


ただ、グルメではないので細かいことは気にしないです。


人参をもらえるだけでもありがたいことです。ありがとうございます。

人参が苦手な理由は?人参克服レシピ


リアルににんじんが苦手だったのですが、おかげさまで今では食べる量が増えました。


子供のころ、泣きながら飲み込んだ思い出深い野菜が人参です。


人参が苦手な理由は?といえばあの味だったのですが、大人になってから調理法もあると気づきました。人参レシピ人気1位や、スープ、サラダなども気になるところですが、人参嫌いな大人におすすめする方法は「生でそのまま食べる」です。


なぜか、この方法だとにんじんっぽさが消える気がします。


食べやすくなります。

人参グラッセは?


ここにくるまで大変だった、がんばった、色々試行錯誤したというも多いと思います。


にんじんレシピによく出る人参グラッセは今でも苦手です。切り方やバターなしありが問題ではないです。


同じ人、いるでしょうか。


カレーに投入する場合も、小さい切り方のほうが食べやすいですし、覚悟して小さいサイズで食べるほうが、はるかに気持ちが楽です。


必要不可欠にんじんの魅力といえば、暖色系なので、料理に加えるとグッと美味しそうに見えるところでしょうか。


食卓でいっしょに出会うチャンスが高い理由のひとつと思いますが、もしも、まずい、嫌い、美味しくないの3つがそろっていても、ふしぎと自然に自動的に入れてしまう魅力、栄養があるからなのか、なぜか、吸い寄せられるように体が勝手に動きます。


見た目はおいといて、
フードプロセッサーやスロージューサーを使わなくても、にんじんに限らず野菜系は細かくチョップドサラダくらいの大きさが良いのかもしれませんが、ぱぱっといっぱいやりたい、時間がないときはぶつぎりです。


どちらも役立つ健康法の話題ではないですが、場合によっては、よくかむほうが時短です。


ここもまた広げていきます。

にんじんと大根、なますは?


色彩的に、独特な色味の京人参は、確かに食べやすいです。


必要に迫られても簡単に作れるので「肉なし・魚なし・卵なしレシピが欲しい」という人もいると思います。命づなです。ヴィーガンやベジタリアンでなくても、健康診断の結果や筋トレ、ダイエット中などで食事制限中の人もいるでしょうか。


昆布だしなどでこちらは対応可能です。
このつながりで、人参と大根のサラダ的なもの、お正月の定番料理なますはものすごく貴重な料理です。


おかげさまで、それっぽく作れそうな料理が一品増えました。


こちらも錯視や騙し絵の世界ではないですが、
美味しそうに見せたいだけの場合は、忘れてはいけないコツは色合いです。


絶対必要といえば食べ物の色彩的に、にんじんの量を少なめにすると、赤色の分量がおさえられて差ができ、見栄えは良い効果を得られそうです。さらに美味しそうに見せたいときは、炒りごまをふりかけるだけで、それっぽい雰囲気に見えるので不思議です。


効果的です。


お酢料理、酸っぱいものが大好きな人、いるでしょうか。


ないと困るデザインではないですが、切り方は均等にそろえるほうがうつくしく見えやすいと思います。
便利な料理グッズ系だと千切りスライサーが使ってみたくなります。


簡単なのによりどころの色彩効果でそれっぽく見える、ありがたい日本料理です。


人参とごぼうのきんぴらも細切りタイプは、食べやすいです。

人参を使った料理、人参ラペは?


おしゃれな名前のキャロットラペ、聞いたことがある人もいるでしょうか。フランス家庭料理の定番ということで、フランス語のラペの千切りや細切りをイメージすると、上の料理みたいなものを思い浮かべます。


とっておきの、初心者でも簡単に作れるの文字も魅力です。


にんじん、塩、レモン汁やオリーブオイルなどがおなじみということです。減塩もしたい人はここから引き算のイメージです。


オリーブオイルとにんじん


栄養や健康重視の人、多いでしょうか。
野菜はオリーブオイルが色々な面で美味しい気がします。


このときに紹介しているオリーブオイルです。


決め手のにんじんやりんごのスロージューサーの話題もありますが、
とりこぼせない食物繊維はお気に入りですしスムージーにしたり栄養面を考えて熱を加えるか、加えないかは食品で使い分ける、ケースバイケースという人が多いでしょうか。にんじんやほうれん草、トマトやコーンの変化などもおもしろいです。


将来を左右するすりおろしや低速ジューサーつながりではないですが、ファイトケミカルが大好きな人はすぐに食べると思います。


興味をそそるにんじんの名前だけでも、
朝鮮人参(高麗人参、オタネニンジン)、アーユルヴェーダの代表的ハーブのアシュワガンダまで、色々と世界が広くておもしろいですが、大量消費するので普通のにんじんをダンボールで箱買いしようと通販で調べたときもあって、良い思い出です。


色々はさみこみましたが、
人参が甘い、甘くておいしいと初めて感じたのは、そのまま生で食べたときでした。


子供の頃からにんじんの苦手意識は高かったので、なんとか美味しく食べる方法はないか?と探していましたが、意外にも「調理しない」が良かったです。


茹でるや炒めるもそうですが、どうしてもにんじんっぽさが出てしまいます。


オリーブオイルはかけなくても食べれるのですが、食卓には肝心です。ココナッツオイルといい、油活躍します。絶対必要というわけではないですが、低速ジューサーについては、また新しいカテゴリでアップします。


トップのにんじんの見方は、
世界的に有名なだまし絵の巨匠、寄せ絵でおなじみイタリアの画家アルチンボルドの絵画(代表作品「庭師/野菜」など)の絵画や、イラストを見るときの目安になると思うので、見逃せないです。


苦手克服の体験は、宝物です。限定的ですがこの克服の感覚を味わえて、しあわせをかみしめています。


味覚や食感、味の好みは仕方がないですし、
人参が食べれない場合は、ほかの食べ物で人参分の栄養をおぎなう方法もひとつなので、むりしないでください。


完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

タグ:レシピ 食事
タグクラウド