2020年08月06日

俳優(女優)英語はある?【写真撮影や動画(映画等)】専門用語関連まとめ

gensouteki illustrator 24.jpg

下絵


damashie illustrator 26.jpg

【最新 錯視アート】


ヒント:隠し絵(探し絵)です。隠れている動物、見つかったでしょうか。一応、難易度は簡単寄りの作成、人気だまし絵「うさぎとあひる」や「ルビンの壺(向かい合う2人の人間の横顔)」や、若い女性をイメージするとわかりやすいかもしれないです。


写真といえば、絵やイラストの資料写真を撮影している人もいれば、映画のように動画撮影をしている人もいるでしょうか。ハリウッドスターの英語というジャンルも面白そうでしたが、俳優(女優)も良い意味で面白そうだったので、その続きです。


絵の描き方とマンガの描き方つながりで、カットを撮影してる人もいそうなので、美術用語と写真や動画撮影用語のあたりで、はさみこんでみます。

最近は絵本やマンガ原作の映画もあって、面白そうです。

今回も、ポイントだけまとめて入れます!

撮影英語?一覧リスト


一気に入れていくと、
資料写真や動画撮影だと、このあたりの用語を使ってる人もいるでしょうか。このあたりは芸能人やモデルさんたちのほうが詳しいと思うので、そちら関係の方に聞いてください。

・photograph:写真
・picture:写真や絵
・snapshot:スナップ写真
・animals:動物
・set up a camera:カメラを設置する
・camera:カメラ
・photo shoot:写真撮影
・digital SLR camera:デジタル一眼レフ
・special equipment:特殊機械や機材
・scene:シーン
・keep rolling :そのまま(演技)続けて
・viewfinder:ファインダー
・check the take:撮影テイクの確認
・shot list:撮影リスト
・script breakdown:スクリプトブレイクダウン
・props:小道具
・vehicle:車
・board reflector:レフ板
・background paper:バック紙
・production notes:プロダクションノート、備考など
・sound effects:サウンドエフェクト、効果音
・test screening:映画の試写会
・close-up photo:アップ写真
・make it:成功する、うまくやりとげる、など
・photo opportunity(photo op):シャッターチャンス、やカメラチャンスなど

ここで一回挿入しておくと、
「ここから再開するよ」だと、Pick up from○○もありそうです。


ドキュメンタリーや映画俳優の話題も盛り上がりつつ、
絵画やイラストの描き方だと、わかりやすい法則で黄金比がありますが、ハリウッド映画でも何分後にこれが起きて、何分後にこういうことが起きると..のような便利な法則もあるということで、面白いです。


撮影場所関連で
・location scout:ロケーションスカウト(scouting、ロケ地探し)
・location hunting:ロケハン
・background:写真の背景

外はいかなくても、中でするなど、部屋のアトリエ内もそうですが資料写真やモデル関連だと、アニメーターさんやイラストレーターさんにも人気の画家(グラフィックデザイナーなど)アルフォンス・ミュシャも思い浮かんだり、雑誌の表紙で日本人にもファンが多いノーマン・ロックウェル(アメリカの国民的画家、イラストレーター)色々いて、興味深いです。


・plot:プロット、構想
・script:スクリプト、脚本
・sequel:続き、続編
・rewrite:書き直す
・treatment:トリートメント、脚本前
・story development:ストーリー展開


ここで一回挿入しておくと、
ダブルイメージを発明したシュルレアリストでおなじみの画家(作家)サルバドール・ダリは制作してます(アンダルシアの犬)。画家がモデルの映画だと、錯視絵やだまし絵の画家といえば世界的に人気の「視覚の魔術師 エッシャー」や、有名な日本人浮世絵師・葛飾北斎の「北斎漫画」やアニメ(漫画)の「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」だけでなく、日本には絵本画家いわさきちひろ〜27歳の旅立ち〜の映画など、見たことがあるという人いるでしょうか。


絵の描き方といえば
漫画のストーリー制作つながりでプロットの表現だったり、16Pや32Pなら起はこのページまで、転は○○ページでなどのだいたいの決まりと似ているのかもしれないですが、興味深い話題でした。ストーリーや話の作り方だと、起承転結はよく聞きますが、映画や小説のジャンルも面白そうです。

ドキドキします。

くわえさせて、物語の絵画といえば「オフィーリア(作品名)」もあって、びっくりする絵です。人間関係だと、
・cast、character:キャスト、キャラクター、登場人物
・casting:キャスティング、配役
・debut:デビュー、初出演
・talents:タレント、俳優、女優
・extras:エキストラ
・head:責任者
・stunt:スタント
・director of photography (DOP):撮影監督
・AD:アシスタントディレクター
・casting director:キャスティングディレクター
・artist:アーティスト
・editor:エディター、編集者
・go over:話を検討する
・afterparty:打ち上げ、二次会
・make arrangements:段取りや準備、打ち合わせなど

こちらのヘタウマや、絵が上手い人の話題からのつながりで、現代アーティストも面白いですが、最近は俳優さんや女優さんだったり歌手など芸能人の人たちも、絵が上手い人多いと思ったりしますが、有名人の肖像画といえばこの人は一般的でしょうか。実は、ダヴィッドが制作したナポレオンの絵は一枚だけではないですが、馬にまたがっている絵など有名です(世界の有名絵画の英語、名画一覧はこちらで触ってます)。

あおりや
下からのアングルの構図だと男らしい感じで強そうに見えるので、若干あるのが好きという人もいるでしょうか。

・full-body photo:全身写真
・waist up photo:上半身写真
・pose:ポーズ
・modeling:モデリング、美的表現、モデル業
・back shot photo:後ろ向き写真
・panel:パネル、漫画のコマなど
・draft:原稿や下書き
・composite photo:合成写真
・art:美術や挿絵、イラスト
・drawing:図案や絵画の線画
・black and white photo:モノクロ写真


モノクロ白黒の作品だと、
有名な日本人墨絵アーティストや水墨画家といえば神業的な雪舟ですが、白黒のほうが明暗の感覚はとらえやすいので、こちらもおすすめの見方です。絵の描き方の技法やテクニック系だと、グリザイユ画法を思い浮かぶ人もいるでしょうか。

突き出してます。


ダリつながりでもそうですが、
カメラと絵画の話題といえば、世界的な人気画家フェルメールとカメラ・オブスキュラが気になる人も多そうなので、同じ人いるとうれしいです。


絵などの視覚記憶でもそうですが、
写真撮影のときの注意点は、記憶に残せなくなりやすいことでしょうか。

学校や絵画教室の先生は教えるプロなので、好きなジャンルを説明してもらうこともおすすめです。

完璧にはできないタイプですが、日数おかずにがんばります!
今日も一日お付き合いいただき、ありがとうございます!!

タグ:英語
タグクラウド